メニュー

クラミジア感染症

性感染症のひとつであるクラミジア感染症は自覚症状があまりないため、感染を知らずに妊娠する事があります。
流産や早産を誘因するだけでなく、治療しないまま経腟分娩をすると産道で赤ちゃんにうつってしまう心配があるため、感染していた場合治療が必要になります。

赤ちゃんに感染してしまうと新生児クラミジア結膜炎、咽頭炎、肺炎、中耳炎などを起こしてしまう可能性があり、特に生後間もない赤ちゃんの肺炎は重症化しやすいため注意が必要です。

検査結果が陽性と出ても分娩までに抗生剤を内服して治療すれば、心配ありません。また、陽性の場合はパートナーも必ず検査、治療を受けましょう。どちらか一方がきちんと治療しない場合、感染を繰り返す可能性があります。男性は泌尿器科を受診してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME