メニュー

妊娠中の貧血対策

妊婦さんの血色素量は11g/dl 以上が理想です~

貧血には鉄剤が有効ですので必要に応じて医師から処方されます。鉄剤服用時はコーヒー、緑茶、紅茶等は一緒に飲まないで下さい。お茶等に含まれるタンニンが鉄の吸収を妨げますので、食事と時間をずらして飲むようにして下さい。又、鉄剤を服用すると便が黒っぽくなりますが心配はいりません。

鉄剤と併用して大切なのは毎日の食事です。タンパク質やビタミンCを十分にとり、栄養バランスを考えた食事をとりましょう。普段の食事のメニューにお困りの方は、栄養士にご相談下さい。
鉄を多く含む食品をしっかりとる

鉄には動物性食品に含まれる「ヘム鉄」と植物性食品に含まれる「非ヘム鉄」があります。吸収率はかなりの差がありますが、非ヘム鉄も食べ合わせ方次第で吸収率をアップさせる事が可能です。

 ヘム鉄の吸収率 25%前後
 動物性食品(赤身肉・レバー・魚・貝類)
 非ヘム鉄の吸収率 5~10%前後
 植物性食品(卵・大豆・大豆製品・穀物・野菜・海藻)


食べ合わせで吸収率をアップさせる
ヘモグロビンは鉄とたんぱく質から作られます。食べ合わせにより、鉄分の吸収率をアップが出来ます。

鉄分の多く含む食品


Babyプラスアプリでも鉄分の情報が載っています。ぜひ見てみてくださいね。Babyプラスアプリ使う食べ物リスト積極的に取りたい栄養鉄分

まだダウンロードされていない方はこちらから


▲ ページのトップに戻る

Close

HOME