メニュー

当院について

当院について

1982年(昭和57年)大宮市(現さいたま市)に開設致しました。
常時医師2名と、非常勤医師数名の診療体制による、入院ベッド19床の地域の皆様に愛される産婦人科診療所です。
分娩の取り扱いとホルモン外来、一般の産婦人科診療が診療の中心となっています。
分娩は『自然分娩』、最新の自己調節方式(PCAポンプ使用)による『和痛分娩』、経産婦さんには『計画分娩』も取り入れ、妊婦さんに寄り添った診療と分娩を取り行っております。

施設の紹介

概観

受付
外来 待合室

病棟 陣痛室
出産間近のママは陣痛室(3人部屋)へご案内します。カーテンで間仕切りしています。

分娩室
天井には星空がやさしく瞬いて気分を落ち着かせてくれます。

個室
産後は、基本的に個室にご案内します。洗面台、トイレがついています。コンパクトながら設備が整ったお部屋です。

ラウンジ

写真提供:フォトチョイス

診療内容について

婦人科
不妊タイミング療法・産み分け・更年期外来・月経不順・不正出血・子宮脱・感染症(かゆみ等)・炎症性疾患・子宮ガン検診・避妊・緊急避妊・人工妊娠中絶…等
産科
妊婦健診・助産師相談室・胎児診断(周産期専門技師)・4D外来・母乳育児相談外来

院長の紹介

木野産婦人科 院長 木野秀郷
1949年 金沢生まれ
1975年 順天堂大学医学部を卒業
      同大学産婦人科入局
      古谷博教授に師事
1982年 大宮市に木野産婦人科を開設
1993年 ソフロロジー式分娩法を導入

写真提供:フォトチョイス

ソフロロジーの基本理念である母性の確立を基に産後の母子関係構築を目指し、さまざまな子育て支援活動を行っている。乳幼児健診を通じて母子関係を数量的に検定するとともに、 子育てサロンの開設、運営活動を行っている。
また、産科領域に於ける自然出産に寄与する方法として分娩時のアロマテラピーを開発、実践している。著書に『産婦人科美容医学』、ぺリネイタルケア連載『産科領域に於けるアロマテラピーの応用』などがある。

副院長の紹介

木野産婦人科 副院長 松谷紀子

1998年 東京女子医科大学卒業後、順天堂大学産婦人科学教室入局、順天堂医院勤務
2004年 木野産婦人科へ勤務

 

写真提供:フォトチョイス

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME