メニュー

B群溶血性連鎖球菌(GBS)

B群溶血性連鎖球菌(以下GBS)は常在菌の一種で、妊婦さんの10~30%が膣や直腸に持っていると言われています。GBSを持っていても、普通は何も起こりません。しかしGBSが新生児に感染した場合には重篤化する事が分かっているため、出生時の赤ちゃんへの感染を防ぐ事が重要とされています。

出産の際に赤ちゃんが産道を通ることで赤ちゃんへGBSが感染する事があります。
GBSに感染した赤ちゃんの全てが病気になるわけではなく、発症するのは1~2%程ですが、赤ちゃんに【肺炎】【髄膜炎】【肺血症】などの重症の感染症になる事があり、治療をして回復しても後遺症が残ったりする事もあります。

妊娠中にGBS検査を行い、その結果GBSが認められた場合は赤ちゃんへの感染予防のため、分娩時に抗生剤の点滴を行います。なお、今回の結果が陰性でも、妊娠中に行った培養検査で陽性となっている方は、感染有りとして予防対策を行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME